Tマガジンの解約方法が分かりづらかったので画像で解説してみた。

Tマガジン 解約方法

Tマガジンを以前に解約した際に分かりづらかったポイントなどがあったので、そちらを詳しくまとめておきます。

ちなみにですが、1ヶ月無料お試し期間中ならば解約してもお金がかからないのがメリットです。とりあえず使ってみてダメそうだったらすぐに解約すればお金がかからないのが嬉しいですね。

Tマガジンの正しい解約方法

Tマガジンの正しい解約方法は以下の通りです。

解約手順

  1. TマガジンWebサイトにログイン
  2. マイページをクリック
  3. アカウント登録情報の契約情報をクリック
  4. 下までスクロールして解約をクリック
  5. 再度ログイン
  6. 「注意事項をご確認いただき」を同意
  7. 「解約」をクリック

これで解約が完了します。

文章だけだと分かりづらいと思うので、画像付きで解約する流れを説明していきます。

正しい手順で解約したときの流れ(画像付き)

Tマガジン公式サイトへ移動して、マイページを選択します。

Tマガジンのマイページに移動

アカウント登録情報を選択

赤枠で囲んだ文字のどこを押しても次のページへ移動します。

Tマガジンのアカウント登録情報を選択

解約ボタンをクリック

前のページから移動したら、ページの最下部まで移動します。

すると、こちらの画面が見えてくるので、「解約する」をクリックします。

Tマガジンの解約1回目

登録したIDでログイン

Yahoo IDかT-IDのどちらからログインします。

解約時には自動ログインにはならないので、登録したときのログインIDとパスワードが必要になります。

Tマガジンの解約はログインIDが必要

最後のページ

ログイン後、契約内容や契約期間が表示されるページに移動します。

このページの最下部へ移動すると、こちらの画面になります。

ここで「注意事項に同意する」をチェックして、「解約」ボタンを押します。

Tマガジンの解約ボタン(2回目)

これで解約が完了します。

スポンサーリンク

1ヶ月お試し期間中のみで解約しても無料

上記の方法で解約すれば、有料会員から無料会員に変わります。

しかも、お試し体験の1カ月の無料期間に解約してみたら、お金を一切かけずに解約することができました。

だけど、下記のような注意しておきたい点もあります。

  • 無料お試し期間を1日過ぎると課金される
  • 翌月に同じ日が無い場合(例:2月31日)

お試し体験が終わった次の日に解約しても日割り返金がないので、まる1カ月分の料金が請求されてしまいます。

また、1月31日のように翌月に同じ日付が存在しない時は、存在する日まで戻されます。例えば、1月31日に契約して翌月は2月28日までしかない時は、契約期間が、1月31日~2月28日となります。

これらの点について注意しておく必要があります。

そうすれば、Tマガジンの無料期間中に解約してもお金を払う必要はありませんよ。

 

スポンサーリンク

解約時に躓くポイント

以下に解約時に躓いてしまうポイントをまとめました。

TマガジンのログインIDのパスワードを忘れた

ログインIDのパスワードを忘れたときは、

  • Yahoo ID
  • T-ID

の登録したIDのどちらかでパスワードを再取得する必要があります。

Tマガジンを使うときは自動ログインなので、ログインIDを何度も入力する必要はありません。

だけど、解約するときはログインIDを入力する手順が出てきてしまいます。

このような画面のように。

Tマガジンの解約はログインIDが必要

だから、ログインIDを忘れてしまっていたので、パスワードを再発行しなくてはいけなかったです。

Yahoo IDとT-IDのパスワードの再発行方法

Yahoo ID
  1. ログイン画面の表示
  2. 「ログインできない」⇒「ログイン方法を再設定する」
  3. 「ID入力」⇒「連絡用メールアドレスを選択」
  4. 連絡用メールアドレスにメールが送信される
  5. 6桁の確認コードを入力
  6. 新しいパスワードを設定
  7. ログインしてTマガジンの解約に進む
T-ID
  1. ログイン画面の表示
  2. 「Tパスワードがわからない時」⇒「パスワード再発行画面」
  3. 入力項目:メールアドレスまたはTカード番号
  4. 生年月日・性別を入力
  5. 登録したメールアドレスに再設定要のメール送信
  6. パスワード再発行
  7. ログインしてTマガジンの解約に進む

スマホのマイページの場所がわからない

まず公式サイトの解約方法を見て手続きを進めましたが、うまく解約できませんでした。

公式サイトの説明がこちらです。

Tマガジン スマホはマイページがない

解約できなかった理由は、赤枠で囲んだマイページがなかったからなんです。

そこでネットで調べてみると、スマホで解約するならメニューボタン[≡]がマイページの代わりになるということがわかりました。

こちらが実際の流れです。

Tマガジン マイページではなくアカウント登録情報

メニューボタン[≡]⇒アカウント登録情報へ移動すると、「解約する」ボタンが表示されます。

これで、公式サイトと同じ解約手続きを進められることが分かりました。(正しい解約方法は後程説明します)

解約できたのかわからない

Tマガジンを解約できたのかわからないと感じる原因はこれらの2つの理由があります。

  • 解約途中で手続きをやめてしまう
  • アプリを削除しただけ

これらの原因について詳しく説明していきます。

解約途中で手続きをやめてしまう

Tマガジンの解約途中には、解約ボタンが2回も出てきます。

そのため、1回目の解約ボタンで解約が終わったのかなと誤解してしまう方も多いようです。

実際の解約時の画面はこのようになっています。

Tマガジンの解約1回目

ここに「解約する」と書かれています。

こうなっているので、クリックしたら解約が終わったと思ってしまっていました。

しかし、実際は解約手続きは終わっていなかったのです。

解約手続きの画面を消してしまうところでしたので、解約時には注意しておきたいところです。

アプリを削除だけでは解約できない

Tマガジンはアプリを削除しただけでは解約できません。

スマホアプリを削除するだけで解約できるのか試してみました。

しかし、手続きの途中でこのような画面が表示されました。

Tマガジン アプリで解約できない

つまり、アプリでは解約できないということです。

そのため、アプリを削除するのはやめました。

SafariやGoogle Chromeなどのブラウザ(アプリ)から、Tマガジン公式サイトへアクセスして解約作業を進めていきました。

そうすれば、公式サイトと同じような解約方法で解約できました。

スポンサーリンク

まとめ

今回はTマガジンの解約方法でわかりにくいポイントを中心に説明してきました。

最後に内容をまとめてお伝えしていきます。

  • ログインIDを忘れたらYahoo IDかT-IDで再発行
  • マイページがないのはスマホだけ!
  • スマホはメニューボタン[≡]を押せばアカウント情報が見つかる
  • 解約できていないと思ったら手続きの途中で終わっていないか再確認
  • 解約ボタンは2回出てくる
  • 無料期間中に解約すれば、お金を払う必要がない

Tマガジンを解約するときに公式サイトの解約方法を参考にしましたが、解約しづらいなと感じたポイントがいくつかありました。

ログインID忘れ・マイページが無い・解約できていない

そこでできる限りわかるように本記事でまとめました。

もし、Tマガジンの解約時に困ったときは是非参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください